グローブを持つ意味

2022.08.05NEW

静岡市にある結婚式場ラピスコライユの
スタッフブログをご覧の皆さん、こんにちは!
本日のブログは福村がお届けいたします

突然ですが新郎はグローブを持って
挙式会場に入場することをご存じですか?
実はこのグローブ、身に着けるわけではないんです
ではなぜ持つのだろうと思いませんか?
今回はそのグローブについて
お話ししたいと思います

新郎のグローブは、剣を意味しています
実際に手には着けず
花嫁の立つ位置とは逆の手に持つことで
どんな時も花嫁を守れるようにと
魔除けの意味が込められているのです

また、祝いの席では武器を控えて厳かにふるまい
平穏を表す意味で
純白の手袋が用いられるようになりました

新郎の持つグローブは花嫁を守る意味のある
とても大事なアイテムなのです

これから結婚式を控えている新郎さんは騎士となって
剣の代わりとなる手袋を持ち入場してください!

ラピスコライユ 福村

静岡市清水の結婚式場
ラピスコライユ

静岡市、清水駅徒歩30秒
富士・富士宮からもアクセス抜群
完全貸切邸宅でオリジナルな結婚式を

■公式サイト
先輩カップルの挙式レポートやお得なキャンペーン・プランなどはこちら
https://www.lapis-corail.net/

■試食付きブライダルフェア開催中
https://lapis-corail.fuwel.wedding/fair
フェア・見学専用ダイヤル:054-371-6611

■公式インスタグラム
https://www.instagram.com/lapiscorail_brass_guesthouse/

■ご友人紹介キャンペーン実施中
https://www.brass.ne.jp/conti-story/festival/form/

COMMENT

コメントを投稿

すべて必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
名前