Film~何気ない日々の特別な1日~

PARTY REPORT

この会場を選んだ理由

はじめは「雰囲気が素敵だな」と感じて見学へ行きましたが、実際に見てみると想像以上に素敵なチャペルやガーデンに一目惚れしました。

また、スタッフの方々の雰囲気にもとても惹かれて、ラピスコライユさんで結婚式を挙げることを決めました。

 

結婚式を振り返って

結婚式当日は、気づけばあっという間でした。

自分たちだけでなく、ゲストのみんなの涙・笑顔と、笑い声が溢れた結婚式を挙げることができました。

こだわったポイントはたくさんあるのですが、その中でもケーキのイベントでは、

ケーキ入刀、ファーストバイトだけではなく、サンクスバイトをキューピットになってくれた友人へサプライズで行いました。

改めて結婚式で感謝の気持ちを届けることができて良かったです。友人の反応も良く、ゲスト全員で盛り上がる演出にもなりました。

また、ウエルカムビュッフェを取り入れて、お酒好きなゲストに待っていただく時間も楽しめるような工夫をしました。

お料理も、ふたりの出身地や想い出を振り返り、1品ずつシェフとのお打ち合わせで決めることができたので、ふたりらしさを出せたかなと思います。

決まった形がなく自由度が高いのも魅力的でした。

そして、挙式までの時間に待合室でチェキをゲストにそれぞれとってもらい、披露宴の時の抽選権として使用しました。

チェキにはみんなからのメッセージも書いてもらえて、結婚式後にも形に残るものが増えました。景品もたくさん用意して、職場や友人だけではなく親族もみんなが盛り上がるイベントになりました。

ラピスコライユのみなさん会場見学から結婚式当日まで、今まで本当にありがとうございました!

会場も貸し切りだからこそスタッフも貸し切り、当日はたくさんのスタッフさんにも盛り上げや、お力添えがありとても素敵な結婚式を迎えることが出来ました。

何から何までありがとうございました!

本当に楽しく、心から最幸な1日だったと思います!

プランナーからのMessage

なおとさん りのさん、この度は誠におめでとうございます。

おふたりに出逢えたこと、担当プランナーとしてお打ち合わせを重ねてきた日々、すべてが私にとって大切な宝物です。

おふたりの大切な1日をラピスコライユに任せていただき本当にありがとうございました。

 

なおとさん、りのさんと打ち合わせを進める中で「結婚式を挙げられることと同じくらい、久しぶりにみんなと会えることが楽しみ!」という言葉が印象の残りました。

その楽しみを、おふたりに思う存分感じていただけるように、全員が一体となって笑って感動する結婚式にしよう!と決めました。

そして言葉で伝えるのが少し不器用なところがあるおふたりだからこそ、ファーストミートやファミリーミートでのお手紙をご提案しました。

結婚式が結んでしまえば改めて想いを伝える機会は中々ありません。

だからこそ人生の節目として、ずっと抱えていた想いをお互いに届け合うシーンをカタチにしました。

涙、笑顔、おふたりだけでなく親御様の表情からお互いの想いをしっかりと届け合うことができたと感じた素敵な瞬間となりました。

 

これからおふたりが夫婦として歩んでいく人生という名のフィルムが、今こうして一つになりました。

何気ない日常も想いも全てが大切なもの。

その日々が 一瞬一瞬が心に残り、おふたりの永遠の幸せになることを心から願っております。

ラピスコライユは何年たっても変わらずおふたりの「はじまりの場所」です。

またおふたりにお会いできる機会を楽しみにお待ちしております。末永くお幸せに!