ラピス コライユ・スタッフブログ
静岡県静岡市清水のゲストハウスウエディング結婚式場


ラピスコライユスタッフブログをご覧のみなさん こんばんは!
今日は赤阪がお送りします♪


過去のブログで【前撮り】について投稿があったかと思いますが
今回はその+αをお伝えします^^

結婚式をする思い出の場所として
ラピスコライユ館内で思う存分お写真を残すのはもちろん
お気に入りの衣装が映えそうな海や茶室、芝生のある公園など
様々なロケーション撮影もできる前撮り

その記念のお写真にぜひ
小物をプラスしてみませんか?♪



前撮りだけではなく
結婚式当日の飾り付けにも使える【ガーランド】は
手作りをする方もたくさんいらっしゃいますよね!

実は私
「少しでもプレ花嫁さんの気持ちが共有できれば・・・」
と思い 自身でも手作り小物を制作してみました!笑

IMG_3932_R


(ちなみにまだ途中段階です・・・)



更にガーランドだけではなく もう1つ作ってみました!

IMG_3931_R

(これまた未完成ですが・・・)


作り方はインターネットで調べ
作り始めてみると思ったより簡単ではありましたが
不器用な私にとっては相当時間のかかるものでした・・・

でも こうして手間をかけて作った小物は
おふたりにとってきっと素敵な思い出になると思います^^



結婚式当日の装飾として 前撮りのお写真と
その前撮りで使った小物たちを飾りませんか?♪

こんばんは、厨房の奥谷です。
8月の27日、28日と、コンテストに出場させていただきました。
今回僕が出場させていただいた、コンテストは、35歳以下のコンテストで、
オランダ産の豚を使用し、なおかつ当日まで材料を見ることができず、
コンテストの会場で材料を見たのち、メニューを考えて作るという、コンテストでした。
今回は、2人1組で出場し、全部で10組の参加がありました。
名古屋の有名なホテルが参加のほとんどで、コンテストに慣れている人たちが多く、
当日は、とても緊張しました。
今回は名古屋にある姉妹店のブルーレマン名古屋の宮原君と一緒に出場しました。
コンテスト当日は、ペアでの会話が禁止されており、お互いの考えや、仕込みの段取り、
相手が何を自分に求めているのかを、常に考えながら作業を進めていかなければならず、
普段から一緒に働いていない分、お互い作業開始直前まであーしようこーしようと話し合いをしていました。
しかしいざコンテストが始まると、慣れない作業場所や普段一緒に働いていないこともあり、
なかなか思うように、作業が進めることが出来ず、とても苦労しました。
今回のコンテストで、自分たちの思うような作品は、作ることができず、とても悔しい思いをしました。
審査員の方たちからどのような点がいけなかったのか、どう改善していったらいいのかを、いろいろ聞き、
まだまだ未熟者だなと改めて思いました。
そして近い年代の料理人の作業、料理などを、まじかで見ることが出来てとても刺激をうけました。
今回のコンテスト出場で、普段の仕事だったり、料理に対する気持ち、常日頃のモチベーションをもっと高く持とうと思いました。
そしてもう一度チャンスがあればまたコンテストに出場し、次こそ上位入賞したいと思いました!
約5年ぶりのコンテストで結構あたふたした奥谷でした。
5_R

ラピスコライユブログをご覧の皆様
こんばんは!
最近涼しくなってきていますが
まだクーラーをやめられないおこめ(小澤)です

本日のブログは
私たちの会場の大きな特徴でもあります
【一軒貸切のゲストハウス】について
お話しさせていただきます

私たちの会社はゲストハウスにこだわり
その一軒を新郎新婦と
新郎新婦にとってたいせつなゲストの皆様に
完全貸切で使って頂く事が出来ます

貸切の良いところは
ラピスコライユの入り口を入って頂いた所から
おふたりの自由に飾り付けをして頂けるところです

おふたりにとっても
ゲストの皆様にとっても特別な一日
みんなの笑顔が溢れる素敵な空間に
おふたりらしく飾り付けしてみませんか?

d_1234

Lapis Corail 小澤杏奈(ライス)

ラピスコライユスタッフブログをご覧の皆様こんばんは
本日のブログは高木がお送りさせて頂きます。


みなさんの好きな食べ物はなんですか?
私は好きなものがたくさんあります
だんだん涼しい日が増え
肉まんが始まった!おでんが始まった!
と日々わくわくしています

そんな中最近のマイブームは
やっぱりみんな大好き焼肉!
七輪で焼く焼肉を
店舗のメンバーとともに食べに行っています

結婚式ではおふたりらしさ
を出す場面がたくさんあります

おふたりの大切なゲストへ
おふたりらしいおもてなしで
おふたりの大好きを使って
おもてなしをする

おもてなしの仕方は様々ですが
中でも私が大好きなのは
ビュッフェです!

結婚式のビュッフェといえばデザートビュッフェが思い浮かぶかと思いますが
ラピスコライユではデザートだけではなく様々なビュッフェが可能です

例えばお酒が好きな方は
生ハムやチーズをたくさん使用した
「おつまみビュッフェ」

お米を食べたい方には
静岡の地食材をたくさん使用した
「おつまみビュッフェ」

他にも「カレービュッフェ」や
「ラーメンビュッフェ」など
様々な挑戦をしております

今私が挑戦したい
新しいビュッフェは
「焼肉ビュッフェ」!!
大好きなお肉をゲストの皆様と一緒に焼いて
より一層仲を深めてください!

FullSizeRender-03-09-17-08-16_R

おふたりらしい1日の為に
担当プランナー・シェフ・パティシエ
みんなで試行錯誤していきます!

最幸の1日を一緒に作っていきましょう!

ラピスコライユ 高木美帆

ラピスコライユスタッフブログをご覧の皆様こんにちは!

本日のブログはラピスコライユの夏男、
加藤敬士がお送りいたします



皆様夏はいかがお過ごしでしたか?

長期連休も取りやすいこの時期、
遠出するにもいいタイミングですよね♪

海へ行ったりおいしいものを食べたり、
久しぶりに友人と会ったり…



先日私もお休みをいただきまして、
久しぶりに友人と旅行へ行ってきました

なかなか休みが合わなかったので集まることが随分久しぶりで、
今までのことをたくさん話して盛り上がりました!

思い出話にも花が咲き、
大学生の頃など懐かしい気持ちになりました…

社会人になっても集まれる、
そんな素敵なつながりに感謝です



結婚式はそんな素敵なつながりの、
おふたりにとって大切な方がたくさん集まってくださいます

久しぶりに集まる方もいればいつも顔を合わすメンバーもいます、
きっと思い出話に盛り上がります!

こんなに大切な方たちに囲まれるなんて
想像するだけでも幸せです

結婚式の準備は大変だと思いますが、
大切なゲストの皆様の喜んだ顔を想像して頑張りましょう!

ゲストの皆様を思い出しながらする準備期間はきっと楽しいですよ♪

DSO_8113_R

ラピスコライユ 加藤敬士

こんばんは!
今日のブログ担当は 最近占いに行ってきました
山田がお送りします!


突然ですが皆さん お部屋の飾りつけはしていますか?
最近では「DIY」という言葉をよく耳にしますが
趣味でインテリアの飾りつけを
する方もいらっしゃいますよね^^

今日は本社の方々が
ラピスコライユをよりよくするために
会場の装飾をしに来てくださいました!

完成した飾りつけを見ると
ラピスコライユの会場がさらに
お洒落な空間になったように感じました!

FullSizeRender-31-08-17-04-33

このように 少し手を加えることによって
同じ空間を可愛くも 大人びた雰囲気にもできます

ということは結婚式でも
新郎新婦の雰囲気や好みに合った飾りつけをすれば
会場をおふたり色に染めることもできるのです!

丸一軒家がおふたりの貸切だからこそ
飾りつけも好きな場所に自由にでき
おふたりらしい雰囲気を表せる場所がたくさんあります!

大切な一日の空間を
どのように飾るかを考えるのも楽しいですよね^^
皆さんも会場の飾りつけを凝ってみるのはいかがでしょうか?


ラピスコライユ 山田大貴

ラピスコライユブログをご覧の皆様こんばんは。本日は、厨房の松野がお送りさせていただきます☆

最近、ラピスコライユでもウェディングケーキの打ち合わせが増えてきました。
打ち合わせの度、お二人から新しいアイディアが次々と出てくるので、毎回違ったデザインのケーキが出来上がります❗
作る私も当日がとても楽しみです☆

ケーキも、生クリーム、チョコクリーム、フルーツのタルトなど色々な種類があるのですが、今回は生クリームのショートケーキについて少しお話ししたいと思います❗

IMG_20170831_203826



ショートケーキと聞くと、皆さんは、ふわっふわのスポンジにたっぷりの生クリームと苺がサンドされたケーキを思い浮かべると思います。
知ってる方もいらっしゃると思いますが、実はそのショートケーキ、日本で生まれたものなのです☆

アメリカやイギリスにも『ショートケーキ』と呼ばれるものはあるのですが、スコーンのようなしっかりした生地で苺と生クリームをサンドしたお菓子なのです。
日本人は柔らかいものを好むところから、このショートケーキが改良されて今のような形になったと言われています。

日本独自のショートケーキが誕生していなければ、今あるようなウェディングケーキも少し違ったものになっていたかも知れませんね(*^^*)

最近、更に新しいトレンドのものがどんどん入ってきているのでチェックしてみるのも面白いと思います❗


ラピスコライユスタッフブログをご覧のみなさん
こんばんは!今回のブログは赤阪が担当します!




みなさんは結婚式で何を一番大切にしたいですか?

お料理? 飾り付け? 衣装??

もちろん
「全部大事!」
という方もいらっしゃると思いますが
目に見えるものだけではなく
私は【想い】を1番大切にしていただきたいです


この 想い というのは
「誰に対しての」という特定のものではありません

新郎新婦お互いにであったり
ご家族やご友人 どなたに対しての想いでもいいのです



私自身 接客という仕事柄
人に関わり おしゃべりをすることは好きですが
実際は恥ずかしがりで 心から感じていることを
身の回りの人に素直に伝えることができません

本当は伝えたいことがたくさんあるのに
「いつか伝えられる」「なんとなく恥ずかしいな」
そう思い いつも後回しにしてしまうのです

そんな私のような性格の方は特に
結婚式を機に 普段から思っている気持ちを伝えてみませんか?



【結婚式には特別な力が宿っている】
結婚式に携わるといつもそう感じます

「ポーカーフェイスな親だから泣かないだろうな~」
「ハグするなんて恥ずかしいよ!」
「あらたまった雰囲気が苦手」

お打合せの際にお客様からよく聞く言葉です


でも いざ結婚式当日を迎え 大切な方を目の前にすると
自然と感情があふれてくるのが見ていてよくわかります

396_R


「おふたりの心が表れたんだな」

そんな瞬間に立ち会えた時
結婚式はやっぱり最高に素敵だ! と感じます



見た目としておふたりらしさが出るのもいいですが
会場内の空気さえもおふたり色にしませんか?

ラピスコライユブログをご覧の皆さん、こんばんは!
夏の花火が大好き、加藤です^^

8月ラストの週末
皆さんは夏らしいことは出来ましたか?
私は友人と旅行に行き、
夏が旬の食材を食べ満喫してまいりました*

やはり旬の食材は美味しいですよね!!
ラピスコライユでは、
結婚式という特別な1日を彩るお料理は
新郎新婦からゲストへのおもてなしの心。

“おふたりの想いを必ず届けてみせる”

そんなシェフの想いを実現させる為に、
パーティ会場内に設置したオープンキッチン。

img_cuisine_00_R


温かいものは温かいままで、
美味しい温度でお召し上がりいただけるように。
そして結婚式の進行に合わせてベストなタイミングで料理を提供できるように。

ラピスコライユでは、
キッチンと披露宴会場が隣接するように設計されています。
またオープンキッチン越しに見える厨房の様子も、
ゲストにとっては料理を楽しんでいただく最高のエッセンスに。

シェフもサービススタッフも、全員でおふたりの結婚式を創りあげていくのです。

ラピスコライユでは、
シェフがおふたりと料理の打ち合わせをさせていただきます。

おふたりの人柄、出身地、味の好み、ゲストの客層、
結婚式への想いを聞くことで、細かい味付けの変更はもちろん、
「実家で育てた野菜を使いましょう」
「おふたりの思い出の味を再現しましょう」と提案することもあります。

おふたりの「家」に大切なゲストをお招きするのだから、
おふたりらしい料理が、心温まる演出の1つになるはずです。

1011RB_62656_R


すべてのお客様に感動と安心を。
そして、おふたりの心を届けたいと考えています。

ラピスコライユでは、
明日も大人気のブライダルフェアを開催中です。
残席わずかではございますが、当日予約も可能でございます。

皆様にご参加いただけることを楽しみにしております。

            Lapis Corail 加藤 JOY

ラピスコライユブログをご覧の皆様
こんにちは!
最近ヘアチェンジして
きのこヘアになりました小澤です(ライス)

本日のブログは
私がウェディングプランナーを目指した理由を
少しだけお話しさせて頂きます


小学6年生の時
叔父の結婚式に出席し そこで初めて【結婚式】に触れ
ウェディングプランナーという仕事を知りました

新郎新婦とウェディングプランナーは
家族でもなければ友達でもなく
【結婚式の準備期間のみお付き合いする関係】
という印象が強いかもしれませんが
でもその日私が初めて見たウェディングプランナーの姿は
新郎新婦の隣で一緒に泣いて笑って
おふたりの事を心から祝福している姿でした

私はその時
【誰かのたいせつな1日に寄り添い祝福できる仕事って素敵!】
【私も一緒に泣いて笑って結婚式を創りたい!】
そう感じました

その憧れは中学生・高校生になっても変わらず
ブライダルの専門学校に通い2年間勉強し
このブラスという会社に出逢いました

私はブラスに出逢った瞬間ここしかないと感じました
ブラスの担当プランナー一貫性というスタイルが
私が小学6年生の頃から憧れていた
ウェディングプランナーの姿だったからです

そして今
尊敬する先輩方や頼りになる後輩たちに囲まれて
たくさんの新郎新婦さんと一緒に結婚式を創る事が出来ています

半年以上かけて結婚式の準備を一緒に進めてきたおふたりと
結婚式当日を迎える事が出来た瞬間や
たいせつなゲストの皆様に祝福されて
本当に幸せそうな笑顔で笑うおふたりを見ると
心からこれ以上幸せな事はないなと感じます

これからも大好きな地元清水で
たいせつなラピスコライユメンバーと
私にしか創る事が出来ない結婚式を創っていきます!

d_0948_R

Lapis Corail 小澤杏奈(おこめ)