ラピス コライユ・スタッフブログ
静岡県静岡市清水のゲストハウスウエディング結婚式場

人生の道


ラピスコライユスタッフブログをご覧のみなさん こんばんは!
最近 一層涙腺が弱くなってきた赤阪がお送りします



以前働いていたラピスアジュール
そしてラピスコライユで担当させていただいたお客様の結婚式ブログを
ふと 読み返してみたのです

改めて みなさんいい表情をされているなぁ と感じたと同時に
親御様はこの時泣いていたな とか
このご余興で会場が一体になったな などと
たくさんの記憶がよみがえってきました


その中でも印象強く残っているのが
挙式の【新婦入場】のシーン

ヴェールをおろしてくださる方や
新婦とバージンロードを歩く方の表情が
いつも色濃く記憶に残っています


みなさん バージンロードに意味があることをご存知ですか?

あの道は 【生まれた日】から【今】までの人生を意味します
そのため 挙式会場の扉には【誕生】という意味が込められています

その扉が開きバージンロードを一歩一歩ゆっくり進むのは
“花嫁が生まれた日”から “一歳”“二歳”と
今日までの道のりを歩んでいることを表しています

バージンロードの終着で行う 新郎へのバトンタッチ
この瞬間は【今日】を意味し
挙式の退場は【新しい人生の第一歩を踏み出す道】とされています

20170808lapis-corail203213_R



結婚式当日 挙式のリハーサルをする際に
親御様にこの意味を伝えられるよう心がけています

挙式一つ一つすべてに意味があるため
知って迎える挙式は より気持ちが入るのではないでしょうか


結婚式当日を迎えたとき
ぜひこの意味たちを思い出していただけると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です