ラピス コライユ・スタッフブログ
静岡県静岡市清水のゲストハウスウエディング結婚式場

コンテスト

こんばんは、厨房の奥谷です。
8月の27日、28日と、コンテストに出場させていただきました。
今回僕が出場させていただいた、コンテストは、35歳以下のコンテストで、
オランダ産の豚を使用し、なおかつ当日まで材料を見ることができず、
コンテストの会場で材料を見たのち、メニューを考えて作るという、コンテストでした。
今回は、2人1組で出場し、全部で10組の参加がありました。
名古屋の有名なホテルが参加のほとんどで、コンテストに慣れている人たちが多く、
当日は、とても緊張しました。
今回は名古屋にある姉妹店のブルーレマン名古屋の宮原君と一緒に出場しました。
コンテスト当日は、ペアでの会話が禁止されており、お互いの考えや、仕込みの段取り、
相手が何を自分に求めているのかを、常に考えながら作業を進めていかなければならず、
普段から一緒に働いていない分、お互い作業開始直前まであーしようこーしようと話し合いをしていました。
しかしいざコンテストが始まると、慣れない作業場所や普段一緒に働いていないこともあり、
なかなか思うように、作業が進めることが出来ず、とても苦労しました。
今回のコンテストで、自分たちの思うような作品は、作ることができず、とても悔しい思いをしました。
審査員の方たちからどのような点がいけなかったのか、どう改善していったらいいのかを、いろいろ聞き、
まだまだ未熟者だなと改めて思いました。
そして近い年代の料理人の作業、料理などを、まじかで見ることが出来てとても刺激をうけました。
今回のコンテスト出場で、普段の仕事だったり、料理に対する気持ち、常日頃のモチベーションをもっと高く持とうと思いました。
そしてもう一度チャンスがあればまたコンテストに出場し、次こそ上位入賞したいと思いました!
約5年ぶりのコンテストで結構あたふたした奥谷でした。
5_R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です