ラピス コライユ・スタッフブログ
静岡県静岡市清水のゲストハウスウエディング結婚式場

ラピスコライユスタッフブログをご覧の皆様こんばんは!
本日のブログは最近少し日に焼けてしまいました、加藤敬士がお送りいたします

結婚式で定番のウェディングケーキ、
ケーキの形や種類も様々です!
ラピスコライユではよりおふたりらしいケーキを形にすることができます

いくつかのパターンからおふたりに合うケーキを選んでいただくのではなく、
おふたりの理想のケーキをオーダーメイドで考えていくからです!

ラピスコライユではケーキの打ち合わせがあります
新郎新婦のおふたりとおふたりのことをたくさん知っている担当プランナーと経験豊かなパティシエ、
4人で案を出し合いながら真っ白な紙にパティシエがケーキのデッサンを描いていきます
それぞれがアイディアを絞り出し、
何度もデッサンを描きながらおふたりのケーキイメージが固まっていきます

そして当日、打ち合わせで描いたデッサンが形になります!
その瞬間のおふたりの表情が私はとても好きで忘れられません
おふたりの表情を見ながら嬉しそうに笑うパティシエの表情も素敵です

おふたりらしいウェディングケーキ、
私たちと一緒に形にしていきましょう!!

15_R
ブライダルフェアではデザートのご試食も行っています
自慢のデザートをぜひ召し上がってください!!
大好評につき空きはわずかですが気になった方はご予約をお待ちしております♪

ラピスコライユ 加藤敬士

こんばんは!今回のブログは山田が
担当させていただきます!

今回は結婚式で欠かせない
“BGM”についてお話しします!


街を歩けばお店の大半がBGMをかけ
TVを見ていても盛り上がるシーンや
落ち着いた雰囲気のシーンなどのとき
それに合わせたBGMがかかっていますよね

このようにBGMは僕たちの生活に溶け込んでいます


それは結婚式でも同じで
BGMは皆さんの気づかないところで
大きな役割を果たしています

盛り上がるときは盛り上がる曲を
感動的なシーンには
その感動の後押しをするような曲を
楽しいときには今にも動き出したくなるような曲を
などなど

BGMはジャンルが様々で一曲一曲が違います
そのためそれぞれのおふたりで同じ結婚式がないように
BGMもそれぞれの結婚式で
すべて同じということはないのです!

つまりそこにもおふたりらしさが出せるということ
おふたりが昔好きだった曲
大切な思い出の一部になっている曲
歌詞に伝えたいことが詰まっている曲など

皆さんも結婚式で思い入れのある
好きな曲をかけるのはいかがですか?


7_R

ラピスコライユ 山田大貴

ラピスコライユブログをご覧の皆さん、こんばんは!
そうめん大好き、加藤です^^

あっという間に5月も終盤
早いですね~
来週からは6月のスタートです*

6月といえば、[ジューンブライド]
皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないですか?

6月の花嫁、6月の結婚。
欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えがあります。

しかし、日本では6月=梅雨というイメージもあるかと思います。
でも個人的には、あまり雨が降っているイメージないんですよね・・

また、日本では古来から結婚式の途中に雨が降ると、
むしろ縁起が良いと言われています。

sankasa0-2


この雨には
『軟な地面を固め、2人がしっかりと歩いて行けるようになる』
という何とも粋な意味が込められています。

雨が降っているのは神様が2人を祝福して嬉し泣きしているからです。
結婚式の演出でフラワーシャワーってありますよね?
あれはまさに祝福の雨を表しています。

こういう言い伝えのある月は、
なんだか魅力的に感じますよね*

尚、結婚式をあげる花嫁だけではなく、
6月に見学に来られた方も幸せになれるといわれております。

gkmp_1231_R


ということで、
ラピスコライユでも6月からジューンブライドフェアを開催します!
旬の食材を使用した
ご試食もご用意させていただきますので、
ぜひ皆様のご参加お待ちしております!!






ラピスコライユスタッフブログをご覧の皆様こんばんは
本日のブログは高木がお送りさせていただきます

本日は「最近の私たち」について
お話しさせていただきたいと思います!

今年も私たちの会場に4月から新しく

仲間として
家族として

私たちと過ごすことを決めてくれたメンバーがいます

ラピスコライユのブログでも何度か登場しています

望月、山田、早津

ラピスコライユの新しい家族として4月から
頑張ってくれています


そんなメンバーを迎えるにあたって
私たちが毎年大切にしているイベントがあります!

今年は姉妹店であるラピスアジュールとの合同開催!

「ラピスアジュール&ラピスコライユ合同大歓迎会!」

IMG_3172-25-05-17-18-11

ラピスアジュールの新入社員は4人

私たちは2店舗合わせて
7人もの家族を迎えることとなりました


自分が1年目だったころのことを思い出しながら
この約2か月過ごしてきました

右も左もわからない中
とにかく先輩の背中を見て過ごした1年目

ときには先輩が厳しく叱ってくださったこともあります

できない自分が悔しくて
泣いた日もあります

でもそんなとき
優しく慰めてくれ
夜遅くまで練習に付き合ってくれた
先輩がいます

一緒にがんばろうと支えあった同期がいます

1年目、あの先輩たちと過ごすことができてよかった
あの同期とだから頑張ることができた

今ではそう想うことがたくさんあります


新しく家族になってくれたこのメンバーにも
そんな風に過ごしてほしなと思う毎日です


だからこそ!
この歓迎はとても大切なイベント!

想いを伝える大切な会だからこそ

これから先も大切にしていきたいなと思います



私たちはみんなのこと待っていたよ

家族になってくれてありがとう

これから1歩1歩一緒に成長していこうね!


IMG_2975-25-05-17-18-11



ラピスコライユ 高木美帆

ラピスコライユブログをご覧の皆様、こんばんは!
望月(さちこ)です!

毎日暑い日々が続いていますね。
着々と夏に向かっている毎日です!


先日、私は5月14日【母の日】に、いつもありがとうの気持ちを込めて
サプライズで母の好きな
ボディーソープ
ラベンダーの香りのフレグランス
お手紙を渡しました!

【母の日】が過ぎると、、、
次は6月18日の【父の日】!

皆さんは何か計画されていますか?

【父の日・母の日】は親御様に感謝の気持ちを伝えられる1日です!

でも、もっともっと特別な想いを届けられるのが
結婚式です。

結婚式の中で親御様に【ありがとう】を伝えられる場面は
たくさんあります。

挙式の前に親御様とお2人だけで過ごしていただく家族対面や
花嫁支度の仕上げとしてお母様にしていただくベールダウン
バージンロードをお父様と歩く際に
ありがとうを伝えることもできます。
089_R


親御様への感謝の気持ちを
結婚式で伝えてみませんか?

プランナーと共にお2人にとって
最高の感謝の気持ちの伝え方を
一緒に考えていきましょう。



ラピスコライユ 望月咲也加



ラピスコライユスタッフブログをご覧のみなさん
こんばんは!今日は赤阪が担当させていただきます♪



みなさん
【お菓子まき】
という演出はご存知でしょうか?

東海地方 特に愛知県では有名な結婚式のイベントです!
愛知に姉妹店が数多くあるため
会社全体を通しても根強い人気があります^^





このお菓子まきですが
元々は 結婚するときに花嫁衣裳を着て
新婦の実家の2階から近所の方々へ向け
お菓子をまいていたことが始まりだそうです!
花嫁姿のお披露目でもありますよね^^

そんなお菓子まきを最近では結婚式中に行うことが増え
こうして定着してきました!


静岡ではなかなか聞きなれない演出なようですが
大人も子どもも 全員を対象とした演出なので
盛り上がること間違いなし★
案外大人の方が本気で参加してくださっています^^



このお菓子まきですが

ラスト1個を特大サイズのお菓子にして
新郎新婦おふたりで一緒に投げたり

お菓子の袋に当たりのシールを貼って
その当たりの方を披露宴中に発表したり

結婚式のシーズンに合わせたお菓子をまいたり

少しアレンジを加えてもいいかもしれませんね!



何か演出をしたいけど どうしよう・・・
みんなで盛り上がれることがしたい!
とう方にはぜひおすすめです^^

ラピスコライユスタッフブログをご覧の皆様、こんばんは!
本日のブログは加藤敬士がお送りいたします。

結婚式になくてはならないもの、
たくさんありますが今日はその中の「お花」について書きたいと思います!

結婚式ではお花をたくさん使います。
おふたりのメインテーブルやゲストの方のテーブル、
チャペルや贈呈用の花束、
ブーケや髪飾りとたくさんあります。

0114_R
お花がお好きな方は家で飾ったり、
ガーデニングをする方もいますよね。
あのお花を使いたいな♪
そんな具体的にイメージを持っている方もいます。

でもお花に詳しくない方もいるのではないでしょうか?
結婚式でどんなお花を使いたいとかよくわからないし…
そんな方も安心してください!
ラピスコライユではお花屋さんと直接打ち合わせができます!

プロのフローリストがお花の色やテーブルのコーディネート等、
丁寧に相談に乗らせていただきおふたりらしいお花の提案をしていきます。
なので知識がなくても全く問題ありません!

決められたパターンではなくすべておふたりに合わせてオーダーメイドで作るので、
おふたりらしさをお花やコーディネートで形にすることができます!
加えてラピスコライユにはお花屋さんがインショップする予定になっているので、
実際にお花を見ることもできるのでイメージがしやすいです。

お花がお好きな方もあまりイメージがない方も、
ラピスコライユなら安心しておふたりらしさを形にできます!



結婚式を控えているおふたりはお花の打合せ、
ぜひ楽しみにしていてくださいね!

これから会場を探すおふたりもイメージがわきやすいように様々な資料を揃えています。
明日のブライダルフェアにもあと少し空きがございますのでぜひお越しください!

スタッフ一同、皆様にお会いできることを心よりお待ちしております。

ラピスコライユ 加藤敬士

ラピスコライユブログをご覧の皆さん、こんばんは!
そうめん大好き、加藤です^^

ゴールデンウィーク後から、
静岡は急激に暖かくなってきた気がします*
私は、もう夏といえば・・・そうめん。
そうめんに頼りっぱなしの生活のスタートです!笑

そして、今年の夏は今までと違った熱い熱い夏になりそうです。
なぜなら、
このラピスコライユがついに7月オープンです!!

いや~
今からすごく楽しみですね!!

私たち同様に完成を今か今かと楽しみにしてくださったのは
きっとオープン前から、
この準備室で私たちにかけがえのない一日を任せてくださった方々だと思います。

打合せのたびに、
「柱が建ってきたね」
「チャペルの三角屋根出来てきたね」
そんな声聞いて、改めて一緒に楽しみにしていてくれることを嬉しく思いました。

オープンまで残りわずか・・・
オープンに伴い、たくさんご協力いただいたパートナーさんへ感謝の気持ち、
お披露目をする場として、私たちはオープニングパーティーを行います。

現在、そのオープニングパーティー招待状の宛名書き真っ只中!

0225_R



いつも打合せでは、
「招待状は手書きで感謝の気持ち込めて書いてくださいね。」
なんて伝えていますが、
いや~これは大変ですね!笑

一文字一文字、
自分の名前の様に慣れた文字ではないものを、
また慣れない筆ペンで記入する。(しかも、間違いに怯えながら・・・笑)

でも、スタッフ同士で色々な話をしながら宛名書きをする時間は楽しいです。
きっと新郎新婦のおふたりもこんな感じで書いているんですね。
新郎新婦のおふたりの体験出来てよかったなと思いました。
これからは今まで以上に、招待状宛名書きを全力で応援出来そうです!笑


IMG_5310_R

この集合写真は
先日オープニングパーティーの映像撮影ラストに撮ったものです。
パートナーさんの協力もあり、無事に準備が進んでいます。

また、準備や当日の様子はブログで書かせていただきますね*






ラピスコライユスタッフブログをご覧の皆様こんばんは
本日のブログは最近トマトが大好きな高木がお送りいたします!

ここ数日でかなり暖かい日も増え、日も長くなってきましたね
7月にオープンを控えるラピスコライユですが
工事の進行状況もとても進んできました!
つい最近まで骨組みだけだった会場…
外壁が少しずつですが完成してきました!!


IMG_3157-18-05-17-18-14

チャペルの屋根の部分が完成してきているのがわかります!

暑い日も多い中たくさんのスタッフの方が
懸命に工事を進めてくださっています!

これから先たくさんの新郎新婦が結婚式を挙げる会場
そこには多くの人の思いが込められています

『いい結婚式を創るために』

そのためにはどんな設備とデザインが必要か
立地はどのような場所がいいのか

たくさんたくさん会議をして
創り上げられています

結婚式を楽しみにしているのは新郎新婦のおふたりだけではありません

大切に育ててくださった親御様
ずっと見守ってきてくださったご親族の皆様
楽しいことも辛いことも共有してきたご友人

そんな皆様に
今までの感謝
伝えられなかった想い
そんな大切な想いを届ける場所

だからこそ
会場に足を踏み入れたすべての人に
幸せになってほしい

私たちはそんな想いでこの会場と向き合っています

『幸せが集う場所』

『想いがカタチになる場所』

ラピスコライユがそんな場所になるよう
スタッフ一同願っています

皆様清水にお越しの際はぜひ
ラピスコライユへ遊びに来てください!

ラピスコライユ高木美帆

こんにちは。

ラピスコライユ厨房の早津徹です。

今日も明日もその次も!毎日頑張る勉強の日々です。



先日14日は母の日でしたね。

自宅に帰るとき、『5月14日は母の日』という垂れ幕を何度も見ました。

働き始めて一か月程が経ちました。



いそがしい毎日、ふと思いだすのは家族の顔です。

1人だからこそできることもたくさんあります。

私も自由に過ごせる休日も楽しいです。



しかし、家族がいないから自分でしなければならないこともたくさん見つかりました。

何より毎日聞いている『声』が聞こえないとこんなにも寂しいことに気づきました。



初任給を頂き、今度帰省するときには何か今までの感謝とこれからもよろしくおねがいします!

という気持ちを込めて、お花でも贈りたいなと思います。



私が帰省するより先に、恐らくこのメッセ―ジを見ている母へ。

恥ずかしくて、直接口には出せませんが、いつもありがとうございます。

また帰る時、たくさん話すことがあるので、ゆっくり聞いてください。



皆様も素直に想いを伝えてみてはいかかでしょうか?



ラピスコライユ 早津 徹